• 家族葬は予備知識がなくてもOK

    「家族葬は予備知識がなくてもOK」なんていう言い方をしてしまうと、非常に軽い印象ですけれど、しかし実際に今振り返ってみてもそうですね。家族が亡くなった時は、失意のどん底という状態でしたけれど、1年経った今「家族葬良いって!」と他人に言えるぐらいになっていますね。人間とは忘れていくものなんです。もちろんいい意味で。

    それで当時は失意のどん底と状態だったのにも、お墓に入れるまでの作業を滞りなくできたのは、すべたは葬儀屋さんのおかげだと思っています。葬儀屋さんが次から次へとやることを指示してくれたおかげで、考えるのも面倒くさかった頭でも葬儀を行うことができたのですから。

    財産の整理は1年以内(だったかな?)という猶予がありますけれど、しかし死んだ人の体には猶予がないですからね。人間が亡くなったら火葬をしなくてはいけませんから。そのまんま死体を持っていたら犯罪にもなりますからね。けれどもどうしたらいいのかわからないーという状態の時に助けていただいたのは葬儀屋さんです。家族葬という形を提案してくれたことも助かりました。

    PR|大阪のお通夜なら

    カテゴリー: 家族葬

    コメント欄は現在閉じています。